アフィリエイトの種類

アフィリエイトとは?」のページの「アフィリエイトについて」の項目でも少しふれたが、
一口に「アフィリエイト」と言っても様々なジャンルがある。

これもポイントサイト同様、はっきりと決まっているわけではないんだが、
それぞれ稼ぎ方の方向性的なもの(収入を得るまでの手順)が大体決まっている。

かなり曖昧な表現だが実際のところの差も微妙というか曖昧なので、
利用者のサジ加減でおおよその判断をしてくれればいいと思う。
なんとなく「こんな感じかな~」とイメージする程度で十分だ!

「このジャンルの稼ぎ方が一番いい!」といった感じの確実な優劣はなく、
それぞの良さと悪さがあるので、自分の気に入った方法でやればよしだ!
色々試していいる内に自分に合った方法が自然と見つかるだろう。

アフィリエイトのジャンル

アフィリエイトの仕組み ASP系アフィリエイト
ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロバイダ(Affiliate Service Provider)」の略称で、
アフィリエイター(つまり私達のこと)と広告主との中継をしてくれる会社だ。

通常ASPには多種多様な広告主が数多く提携されており、
中には1000件以上の広告主と提携している所もある。
そして、その中から自分の貼りたい広告を選んで利用することができる。

「アフィリエイト=ASP」といってもいいくらい代表的な手法なので、
はじめてアフィリエイトに挑戦するならまずASPに登録してみることをすすめる。

ASPは使い勝手がよく、場合によってはASP一件に登録すれば、
他には登録する必要はないとも言える。そのくらい便利なシステムだ!
※「広告主」のことを「企業」「ECサイト」「マーチャント」「クライアント」といったりもする。

アフィリエイトの仕組み クリック保証系アフィリエイト
「クリック保証」とは「クリック課金」などとも呼ばれていて、
早い話が貼った広告を訪問者がクリックしただけで報酬がもらえるシステムだ。

普通、アフィリエイトでの報酬は、訪問者が広告をクリックして、
尚且つそのクリック先で商品購入や会員登録などの何らかの成果をあげた時に、
成果報酬という形で支払われるのが一般的だ。

しかしクリック保証型のアフィリエイトはクリック自体が成果となるので、
当然報酬に結びつく割合は高い!これは大変画期的だ!

もっとも当然と言えば当然だが、一般的な成果報酬に比べて報酬の単価は低い。
大まかに説明すればこんな感じになる↓(もちろん例外もあるが)

アフィリエイト 一般的な成果報酬(会員登録の場合)
「広告をクリック」⇒「クリック先のサイトを登録」⇒「報酬が発生(数十円~数百円)」

アフィリエイト クリック保証の場合
「広告をクリック」⇒「報酬が発生(数円~数十円)」

つまりこんな風に、報酬が発生までの難易度は低いが報酬は安いといった感じだ。
見た通り、余程アクセス数が多いサイトでなければ高収入は見込めないが、
ASPなどと併用して利用すれば+αの収入が見込めると思う。

アフィリエイトの仕組み リンクスタッフ系アフィリエイト
リンクスタッフとはASPを中継しないで直接企業(広告主)と提携する手法だ。

報酬を得るまでの流れはASPと同じ成果報酬だが、
ASPを介さない分、仲介料がかからないので報酬の還元率は高くなる傾向にある。

ただし、その代わりにASPに比べ広告の種類が少ないので凡庸性には欠ける。
広告を貼るまでの流れをASPと比較してみるとこんな感じになる↓(もちろん例外もあるが)

アフィリエイト ASPの場合
「ASPに登録」⇒「沢山ある企業の中から提携する広告主を選ぶ」⇒「広告を貼る」

アフィリエイト リンクスタッフの場合
「リンクスタッフになる」⇒「広告を貼る」

つまりこんな風に、報酬は高いが選択肢は少ないといった感じだ。
ASPなどと上手く使い分けて利用すれば+αの収入が見込めると思う。

アフィリエイトの仕組み ブログライター系アフィリエイト
ブログライターとはその名の通りブログを利用して稼ぐアフィリエイトだ。
各ブログライターサイトごとの違いはあれど、基本的な収入を得るまでの流れは、

「登録する」⇒「記事作成依頼がくる」⇒「記事を書く」⇒「原稿料として報酬が発生する」

…とまぁ大まかに言えばこの様な流れとなる。

ブログを持っている事が必須条件となる分、ポイントサイトなどに比べいささか敷居が高いが、
その分 1回の記事作成での報酬単価は高めだし、
現在ではブログ自体も無料でしかも簡単に作れるようになってるのでおすすめだ。

記事作成の依頼は基本的に不定期で届くので、沢山のサイトに登録して、
多種多様な記事依頼の中から自分に合った記事作成依頼を見つけて記事(ブログ)を書いていこう。

記事を書くというと「私、文才がないから…」などと敬遠する奴もいるが、
文才に関してはあるに越したことはないが、なくてもまったく支障はない。
なぜなら文章が下手で原稿料がもらえないなんてことはまずないからだ。

まぁちょっとした感想などを求められる時もあるので、
小学生の感想文レベルの文章作成能力くらいは必要になるが、
基本的に記事依頼の指示に従って書けば原稿料はしっかりともらえる。

ブログライターも例によって色々試して慣れることが一番の近道だ。
個人差はあるがなれればほんの数分で一つの記事を書くことができると思う。


 
inserted by FC2 system