お財布.com 攻略 詳細 解説

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
おすすめ度 おすすめ度
登録と利用 無料
主なジャンル メール受信系/サイト訪問系
報酬 現金/WebMoney/Edy/WAONポイント/Suicaポイント/nanacoギフト/etc…
ポイントレート 1P(コイン)=1円
最低換金額 300P(コイン)(300円)から
紹介制度 2ティア(100%)
有効期限 無期限
更新期限 無期限
報酬受取先 楽天銀行/ジャパンネット銀行/住信SBIネット銀行 などの全国の銀行各種
振込手数料 最安 :80円 最高 :150円 ※振込先によって変動
入金期間 即時(リアルタイム) ※土日でも入金可能!
ポイント合算 Yahoo!ポイント
登録ボーナス なし
年齢制限 なし

お財布.com 基本情報

サイト情報
お財布.comは2004年2月に運営をスタートした210万人以上の利用者を誇る超メジャー人気ポイントサイトだ。
ちなみにお財布.comの単位は「ポイント」ではなく「コイン」だ。
(普通のサイトでいうポイント=お財布.comのコインと考えてOK)

メインはパソコンではなく携帯だが、最近ではパソコンでも十分利用できる。
貯めたコインは、1コイン=1円相当として現金に交換することが可能だ。
振込み手数料が少々高いのが難点だが、それ以外は非常に優秀で、
なにより破格の100%の紹介制度が弱点を補って有り余るストロングポイントだ!

~主なポイントを貯める方法~

案件で貯める
お財布.comで扱っている様々な広告サイトへの、
会員登録や資料請求、ネットショッピングやチケット予約などの案件を利用すると、
その案件に応じた分のコインを獲得することができる。

広告メールで貯める
お財布.comに登録すると不定期(平均すると一日に1~3通ほど)に、
パソコンまたは携帯のメールアドレスに広告メールが届く。
広告メールに記載されているURLにアクセスするだけで、1クリックに付き1コインがリアルタイムで加算されていく。

お財布スクラッチで貯める(PC版)
毎日1回チャレンジできるスクラッチゲームで、当たるとすぐに10コイン獲得できる。
※お財布スクラッチのサービスは終了しました。

お財布ラッキーくじで貯める(携帯版)
7つのお財布の中から1つを選んで、
お財布コインが入っていればすぐにその分のコインが獲得できる。

お財布サーチで貯める
お財布.comでウェブ検索をして当たるとコインが貯まる。
1日に何度でも貯められるので大量のコインが当たるチャンスもある。
めったに当たらないが俺も30コインとか当たったことがある。大抵は1コイン~2コインくらいだ。

口コミ投稿で貯める
利用した広告(案件)の感想、意見などの口コミを投稿することができる。
口コミが採用され掲載されると、10コインが貯まる。
さらに、一番最初に掲載された場合はボーナスが付いて20コインが貯まる。

その他の補足説明など

紹介制度について詳しく
お財布.comの紹介制度

お財布.comの紹介制度はダウンシステムを採用していて還元率はなんと100%だ!
これは他のポイントサイトに比べてもかなりの高レートで、(というか最高かも)
つまり紹介した人が貯めたポイントは全て自分にも加算されるというわけだ!

しかも広告メールなどのクリックポイントも紹介報酬の対称なので、
毎日紹介報酬のポイントが加算されていき、凄く稼いでいる実感が沸く。
もちろん紹介された人のポイントが減るわけではないので安心だ!
ただし、この紹介制度を利用する場合は携帯電話での登録が必須となる。

お財布.comの紹介制度

ポイント期限について詳しく
お財布.comにポイント(コイン)の有効期限はない。

管理人の一言
お財布.comは、換金手数料を除いて、ほぼ全ての項目が優秀なポイントサイトだ。
事実このサイトだけで毎月安定して万単位の収入を獲得している奴も存在する。
確かにその域に達するのは並大抵のことではないが、
それでも他のポイントサイトに比べ稼ぎやすいことに変わりはない。

既に十分メジャーなサイトだが、その分 閉鎖などのリスクは低いと思う。
まだまだ伸びしろはあると思うので是非登録して利用してみてくれ!
俺的にもお財布.comは、ポイントサイトの中で常に五指に入るほど気に入っている。


↓登録はこちらのバナーをクリック↓
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

会社概要

運営元 株式会社オープンキューブ (英文名 :Opencube,Inc.)
所在地 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクェアタワー17F
資本金 1000万円
設立日 平成16年4月22日
振込名義 オサイフト゛ツトコム

 
inserted by FC2 system